西荻塾通信(2020年6月中学部関連)

引き続き、2020年6月の中学部関連のお知らせです(6/4加筆・修正)。

【目次】

全体版2020年6月通信に戻る


今後の日程について

6月より学校が再開される見込みで、これに合わせて、塾では5月の実施時間帯を早めた時間割から、学校に登校中の時間を考慮した時間割に変更になります。各生徒の時間割は、本通信のリンクを掲載しているメールにPDFファイル添付をしておりますので、ご確認をお願いいたします。

また、6/16より授業時間帯の調整を行い、以下の添付ファイルように時間割を変更いたします。これまでと授業時間帯が変わりますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。なお、時間割についてご確認・ご質問等ございましたら、お手数ですが塾までご連絡願います。

なお、6月以降の授業設計については、以下の方針で進めていく予定です。

  • 6月から10月頃の一部教科の通常授業について、授業時間の延長等の措置をとります。
    各学年とも英語と数学について、10月前後までの間、毎週75分×2回の授業を実施します(通常は毎週90分×1回)。これにより当初の年間予定の授業時間に近い時間を確保します。
    ※中3については、時間割編成上の都合で国語・理科・社会については一回あたりの時間数が短縮となる場合があります。理科・社会については別途時間を設定するなどの調整を予定しています。こちらは決まり次第ご連絡いたします。
  • 季節講習会期間の短縮と、これに合わせた通常授業期間の延長措置をとります。
    すでに報道等でご存じの通り、今年度については学校の季節休業期間の短縮が見込まれます。これに対応して、塾では季節講習会期間を短縮し、学校の授業が実施される期間については通常授業を継続して実施する予定です。
    夏休みについては、学校の登校期間になると予想される7月20日から8月上旬、8月下旬に、冬休みについては年末と年始に通常授業を実施する予定です。
    正確な日程については、教育委員会等から夏休み等の日程について公式なアナウンスがあり次第、塾からご連絡いたします。

6月からの受講料について

上記の時間割変更に伴い、受講料の設定を変更させていただきます。算出の基準は、各学年の授業要項に記載された金額を基準に、時間数に応じて比例計算をいたします。

例えば、各学年の数学と英語については、週あたりの授業時間が毎週90分から150分になり、1.67倍の時間となります。授業の費用についても同様の計算をいたします。一方、予定より時間数が短くなる国語・理科・社会についても同様に比例計算にて減額をいたします。

このため、6月から10月については月額受講料が授業時間変更前より上がることとなりますが、年間のトータルの費用の観点から見ると、通常授業と季節講習会の利用法の費用を含めて、変更前と同額かそれをやや下回る金額となる予定です。予定額を上回ることはありません。以上ご了解いただきますようよろしくお願いいたします。

[中3]模擬試験について

志望校選定の指導等に用いるため、毎年中学3年生に受験していただいている模擬試験ですが、新型コロナウィルス感染防止の対応の一環として、専門学校等の施設を利用した会場模試の実施は当面の間は中止となりました。

代替策として、各塾内での実施が可能となり、西荻塾ではまず7月に実施を予定しております。中学3年生の塾生は原則として全員受検となりますので、ご承知のほどよろしくお願いいたします。

なお、実施日時や費用等については改めてご連絡を差し上げます。しばらくお待ちください。

あわせて読みたい