休講中の自習指導について

休講期間中の自習指導について

休講期間中の自習方針

【塾全体】
●休講期間中の自習指示は先取りではなく、徹底した復習と演習を行っていただきます。休校・休講開けに、学校や塾の進度調整がペースアップしても、復習と演習をきちんと行うことで、基礎力(計算や知識)・応用力・理解力(スピードも含む)をつけた状態で挑み、きちんと順応できるようにすることが目的です。

●休講・休校はみな同じ条件です。すでにたくさんことをこれまでも学んできています。いまこそ、復習と演習によって、それを確固たる自分のモノとして鍛える時間です。それに集中する時間は実はあまりこれまでもなかったはずです。この苦しい時期・逆境を、その機会と捉えてしっかりと活かしてください。復習と演習によって、これまで学んできた範囲に自信が持てるなら、それだけでもすごくたくましいと思います。

できなかった問題は、繰り返し出力するなどして、繰り返してください。また、質問などは可能な限りお答えしますので、各担当までご連絡ください(連絡手段は下記の「ダウンロードページ」に記載しています)。

●授業再開後は、自習指示が守れていること(復習すべきものがきちんとこなされていること)を前提に授業を行います。また、確認テストを実施します。

塾から皆さんへ、定期的に進捗の確認をおこないます

高校受験部・小学生は、定期的にお電話(ご不在時はメール)により、個別にテレワーク中の担当より、ご様子の確認の連絡が入ります

大学受験部(中高一貫の中学生を含む!)については、学年ごとに、全員、学習日誌をオンラインでご提出いただき(提出しない場合は催促します)、それについて各担当より激励・アドバイス・疑問点の解消対応などに随時応じます(返事を返します!)。

自習用教材データのダウンロード・学年ごとの自習指示は、下記のページをご覧ください。

ダウンロードページはこちら

おすすめ