2022/2023冬期講習会のご案内

2022年12月23日から2023年1月10日まで、冬期講習会を実施します。内部生だけでなく、外部生の方にもオープンなコースとして授業を設計しておりますので、是非ご参加ください。

冬期講習のねらい

  1. 1学期から2学期に履修した内容を前提として、3学期と次の学年につなげるための重要な分野にフォーカスし、集中講義・演習を実施します。各学年・クラス別に、冬期講習のために練りに練って作成した、完結型の西荻塾オリジナルテキストを用いて徹底した演習を行います。
  2. 各自の日常学習方法を見直す契機として、さらには基礎力(計算力・語彙力・英文法など)を磨くための自習用ドリル冊子を各学年・クラス毎に配布
  3. 2022年と2023年をまたぐこの季節、「まとめ」と「はじまり」の冬で、自身の学力に磨きをかけ、目標にむけて確かな一歩を踏み出す年の始まりを迎えてください。

冬期講習授業要項

各学年ごとのご案内

高校2年生

本番まであと1年、名実ともに受験生として着実な歩みが求められます。この冬期講習では、各科目とも入試で勝敗を分ける分野、そしてこの年末年始で総ざらえ(詰め込む)に最適な演習を準備しています。年末年始は、何かと楽しいこともあるとは思いますが、勉強漬けの日も何日もあっていいし(いや、あるべきだと考えています)、その経験が次の1年、ひいては合否をうらなうことになります。良質なテキストを練りに練って、講師陣は手ぐすねを引いて、受験生として本気に取り組むその意志を持った高校2年生のご参加をお待ちしています。

高校1年生

高1の2学期までの履修内容は、実は大学受験の土台となる、絶対に外せないものばかり。ここで取りこぼしがあると、3学期以降、急激に辛くなります。志望校の幅も狭くなるかもしれません。定期試験が終了して、忘れてしまったもの、短期記憶で終わってしまっていたもの、ケアレスミスしたとは分かっていても、そのままになってしまったもの、全部向き合って、この冬で全部潰しておきませんか。そんなことはない、私・俺は順調だ、という方、ここで入試の世界を眺めてみませんか。各生徒のレベルや現状にあった、自習用のテキストも特別編集して、各自お渡しします。有意義な冬休みにするために、是非西荻塾の冬期講習をご検討ください。

中高一貫中学3年生

中学内容の復習を中心に取り組みます。冬休みから三学期は高校学習に備えてこれまでの学習内容の中から、特に重要な単元・内容をピックアップし、冬期講習会で簡潔刺せます。一貫校の中3生は、ここで学習の手を緩めると、高校受験組に学力的に差をつけられることになります。逆に言えば、受験のないこの時期は復習のチャンスです。

中高一貫中学2年生

高校内容にもつながる多くの重要単元・項目を学習するのが中2です。難易度が上がる中3の学習に入る前にこれまでの学習内容を徹底的に復習することが何より大事です。最も中だるみしがちな時期で、ここで手を抜くことは致命傷になります。この冬に苦手を潰し、抜けのない状態で新しい学年に向かいましょう。

中高一貫中学1年生

本格的に英語・数学を学びはじめた中1はここまでの学習内容が中2以降の伸びを大きく左右します。単に「わかる」ではなく、正確にスラスラ解けるレベルに到達してようやく中2の準備ができたと言えます。この冬はそこに到達するためのチャンスです。

冬期講習授業要項

お問い合わせ